2010年6月に改正貸金業法は完全施行となりました。数多くの規制強化を盛り込み、数年にかかって段階的に施行されてきましたが、最終段階として、改正貸金業法の柱とも言える上限金利引下げと総量規制が実施されました。

上限金利引下げに関しては昔より徐々に下がってきており、グレーゾーン金利を廃止として利息制限法の金利と同一にすることは、予想していたことですが、総量規制は専業主婦も借りられなくなることから、社会的混乱が起こると考えていましたが、結果的に見れば、特に大きな混乱もなく今に至るといった感じです。

総量規制が実施されたことで、借り手側には自分の年収を証明する必要が出てきました。なぜならば、総量規制は年収3分の1を超える貸付を禁止とした法律の為、年収を調査しなければ、1/3がはっきりと分からないからです。

収入証明不要で借りれるカードローンはあるのか?

消費者金融であれば、貸金業法によって50万円を超える貸付と自社以外の貸金業者との貸付を合わせ100万円を超える場合は収入証明書を取得しなければなりません。

しかし、これは逆に言えば、借入が50万円以下で、他の消費者金融等の貸金業者との借入と合わせ100万円以下だった場合は、収入証明書が不要ということになります。

実際に消費者金融の審査では、全く他の消費者金融から借入が無く、希望額が50万円だった場合、年収は申込み人の自己申告によって計算しています。その為、申込者の申告によって年収は決められているのです。

Read More