Loading...
X

地方銀行の千葉銀行カードローンの評判は?

千葉銀行カードローンキャプチャ

日本の地方銀行の預金額ランキングで第2位に位置しているのが千葉銀行です。

その千葉銀行も個人向けカードローンを販売していますが、地方銀行だけに利用できる地域が限定されており、下記地域に住んでいる人、または勤めている人が対象になります。「千葉県、東京都、埼玉県、茨城県の各全域、神奈川県の横浜市と川崎市」

利用条件は20歳以上65歳未満で安定収入のある人ですが、配偶者に安定収入があれば、無収入の専業主婦でも利用できます(利用限度額は30万円まで)。

ただ、年金収入のみの人は申し込めません。なお、千葉銀行の口座の保有は申込条件に入っていませんが、契約と同時に口座を作る必要があります。

貸出限度額は500万円で、30万円~500万円の間に12種類の借入金額のコースが設定されています。

金利は審査によって4.3%、5.5%、6.0%、9.0%、12.0%、14.8%のいずれかに決められます。どの金額帯の金利でも都市銀行とほぼ同等になっています。

千葉銀行は借入までの手順が多いのがデメリット?

申込方法は都市銀行と違って手順が多くなっており、まず始めにホームページの申込フォームから簡易審査に申し込みます。

簡易審査(一次審査)で「可」になると電話で連絡があるので、仮審査(二次審査)に申し込みます。

仮審査(二次審査)でも「可」になると電話連絡後に申込書(兼契約書)が郵送されてきます。申込書を作成して返送した段階でカードが送られます。

なお、電話でも申込が可能ですし、借入を急ぐ場合は店頭窓口で申し込むこともできます。

借り入れ方法は千葉銀行のATMの他、ゆうちょ銀行やイオン銀行、コンビニのセブンイレブン、ローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できます。

その他、インターネットバンキングで千葉銀行の口座に入金してもらうこともできます。

約定返済は毎月1日に行われる千葉銀行の口座からの引き落としだけになります。

任意返済の場合はATMやインターネットバンキングからの入金ができますし、店頭持参も可能です。

約定返済額は都市銀行に似て、50万円以下は1万円、50万円超100万円以下は2万円などとなっています。50万円以下は常に1万円なので、管理が楽というメリットがあります。

なお、カードローンを利用すると自動融資サービスを受けることができ、預金口座の残高が不足して公共料金などの引き落としができない時に、不足分を自動的に融資してもらえます。

ちなみに、カードローンには「プレミアクラス」があり、年収500万円以上の人を対象に、利用限度額を300万円・400万円・500万円に限定し、それぞれの金利が5.5%、5%、4%とかなり低く設定されています。

なので、お金借りる希望の人は、プレミアクラスから借入するのが一番なのですが、ほとんどの人は審査に通らない可能性が高いです。

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です