近年では都市銀行による個人向けカードローンの提供が一般化しており、代表的なのがメガバンクの三菱東京UFJ銀行バンクイックとみずほ銀行カードローンですが、両行のカードローンには異なる特徴や機能が少なくありません。

まず、金利ですが、バンクイックの最高金利が14.6%であるのに対してみずほ銀行は14.0%、貸出限度額はバンクイックの500万円に対してみずほ銀行は1,000万円となっており、みずほ銀行の方が利用者にとっては有利になっています。ただ、50万円を超える高額な借入になると、バンクイックの方の金利が低くなっています。

そして、利用条件になると、バンクイックは自行の口座の保有を利用条件に入れていませんが、みずほ銀行の場合は口座を保有していないと利用できないため、審査に通った時点で口座を開設しなければなりません。

従って、バンクイックは誰でも審査に通れば即日融資を受けられますが、みずほ銀行では口座保有者しか即日での借入ができません。

なお、提携しているコンビニとしては両行共セブンイレブンやローソン、Enet(ファミリマート、サンクス他)がありますが、みずほ銀行の場合、セブンイレブンのATMは借入だけで返済には利用できません。

バンクイックはすべてのコンビニATMで借入・返済が可能になっています。さらに、バンクイックはコンビニATMの利用手数料が無料になっていますが、みずほ銀行は無料での利用が限定されています。コンビニATMの利用の面ではバンクイックの方にお得感があります。

金利はみずほ銀行の方が安いが、総合では三菱東京UFJ銀行がおすすめ!

借入の方法は両行共にATMの利用と預金口座への振込の2種類で変わりはありませんが、約定返済の方法においてバンクイックには口座引き落とし、ATMからの入金、銀行振込の3種類があるのに対し、みずほ銀行は口座引き落とししか受け付けていません。

また、返済期日に関してもバンクイックでは利用者が任意の日を指定できますが、みずほ銀行の場合は毎月10日に限定されています。加えて、バンクイックではATMからの返済を希望する場合は、指定日制の他に35日サイクル制を選択することができます。返済の面においてもバンクイックの方が利用しやすくなっています。

さらに、バンクイックにはテレビ電話という自動契約機から申込むことができますし、銀行ATMからお金を引き出す場合もバンクイックは平日や休日を問わず、21時まで手数料が無料ですが、みずほ銀行のATMは平日の18時以降と休日は有料になります。

ちなみに、みずほ銀行には預金口座用のキャッシュカードにローン機能を付帯させる兼用カードとローンのみの専用カードがあります。バンクイックと似た銀行カードローンに、三井住友銀行カードローンがありますが、三井住友銀行のおまとめローンは積極的に融資しているのに対し、三菱東京UFJ銀行カードローンは、おまとめに消極的ですので、おまとめローンとして申込するなら、三井住友銀行の方がおすすめです。