Category Archive: 収入証明書不要

収入証明書不要の金額はどこが一番大きいのか?

収入証明書不要で借りられるのは、銀行カードローンがほとんどですが、実際、どこのカードローンが一番収入証明書不要の金額が多いのか分かりますか?

収入証明書不要の金額と言うのは、例えば、オリックス銀行ならば限度額300万円以下は収入証明書不要です。楽天銀行も同様ですが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、限度額100万円以下は不要となっており、110万円を借りようとすれば、原則収入証明書が必要になってきます。

オリックス銀行なら300万円、バンクイックなら100万円など、その金額が一番大きいのは、どこなのか?という意味です。

ちなみに、消費者金融では50万円を超える場合と、他社での借入残高と合わせ、100万円を超える場合は問答無用で収入証明書が必要となってきます。

収入証明書不要金額が最もオリックス銀行!

収入証明書不要の金額が一番大きいのは、オリックス銀行カードローンです。オリックス銀行なら限度額300万円以下は不要となっています。今は、楽天銀行カードローンや、イオン銀行カードローンBIGも300万円以下は収入証明書不要としていますが、これはここ最近のことで、真っ先に300万円まで不要としたのはオリックス銀行なのです。

このことからオリックス銀行では収入証明書不要に対する審査はある程度のノウハウがあると言っても良いでしょう。

収入証明書不要で借りたいならば、オリックス銀行カードローンが1番、2番は楽天銀行カードローンが良いと言えます。

アコムマスターカードは収入証明書不要?

現在の消費者金融業界において常にプロミスとトップ争いを演じているのが「アコム」です。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに加わっているため、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の保証会社にもなっています。

アコムは消費者金融ではありながら、「ACマスターカード」というクレジット機能の付いたカードを発行していることが他の消費者金融には無い特徴になっています。

年会費は無料で、マスターカードとの提携になっているため、国内外を問わず、クレジットの取扱店舗であればどこでも買い物に利用できます。

なお、アコムの発行するカードであるため当然カードローンにも利用でき、クレジットの最高限度額の300万円と足して最大で500万円までキャッシングが利用できます。

ちなみに、カードローンには貸金業法の総量規制が適用されますが、クレジットは割賦販売法によって管理されるため総量規制の対象にはならず、年収における利用制限がありません。

貸金業法ではないことで、収入証明書は不要でも借りれる場合があります。貸金業法では50万円を超える貸付の場合は収入証明が必要となりますが、アコムマスターカードなら割賦販売法の為、法律が違ってくるのです。

その点、銀行カードローンでもイオン銀行カードローン審査では収入証明書は100万円以下は不要となっているので、銀行カードローンの方がメリットが大きいとも言えます。

収入証明不要で借りるカードローンとは?

2010年6月に改正貸金業法は完全施行となりました。数多くの規制強化を盛り込み、数年にかかって段階的に施行されてきましたが、最終段階として、改正貸金業法の柱とも言える上限金利引下げと総量規制が実施されました。

上限金利引下げに関しては昔より徐々に下がってきており、グレーゾーン金利を廃止として利息制限法の金利と同一にすることは、予想していたことですが、総量規制は専業主婦も借りられなくなることから、社会的混乱が起こると考えていましたが、結果的に見れば、特に大きな混乱もなく今に至るといった感じです。

総量規制が実施されたことで、借り手側には自分の年収を証明する必要が出てきました。なぜならば、総量規制は年収3分の1を超える貸付を禁止とした法律の為、年収を調査しなければ、1/3がはっきりと分からないからです。

収入証明不要で借りれるカードローンはあるのか?

消費者金融であれば、貸金業法によって50万円を超える貸付と自社以外の貸金業者との貸付を合わせ100万円を超える場合は収入証明書を取得しなければなりません。

しかし、これは逆に言えば、借入が50万円以下で、他の消費者金融等の貸金業者との借入と合わせ100万円以下だった場合は、収入証明書が不要ということになります。

実際に消費者金融の審査では、全く他の消費者金融から借入が無く、希望額が50万円だった場合、年収は申込み人の自己申告によって計算しています。その為、申込者の申告によって年収は決められているのです。

Read More

Loading...
X