三菱東京UFJ銀行バンクイックとみずほ銀行カードローンの内容の違い


近年では都市銀行による個人向けカードローンの提供が一般化しており、代表的なのがメガバンクの三菱東京UFJ銀行バンクイックとみずほ銀行カードローンですが、両行のカードローンには異なる特徴や機能が少なくありません。

まず、金利ですが、バンクイックの最高金利が14.6%であるのに対してみずほ銀行は14.0%、貸出限度額はバンクイックの500万円に対してみずほ銀行は1,000万円となっており、みずほ銀行の方が利用者にとっては有利になっています。ただ、50万円を超える高額な借入になると、バンクイックの方の金利が低くなっています。

そして、利用条件になると、バンクイックは自行の口座の保有を利用条件に入れていませんが、みずほ銀行の場合は口座を保有していないと利用できないため、審査に通った時点で口座を開設しなければなりません。

従って、バンクイックは誰でも審査に通れば即日融資を受けられますが、みずほ銀行では口座保有者しか即日での借入ができません。

なお、提携しているコンビニとしては両行共セブンイレブンやローソン、Enet(ファミリマート、サンクス他)がありますが、みずほ銀行の場合、セブンイレブンのATMは借入だけで返済には利用できません。

バンクイックはすべてのコンビニATMで借入・返済が可能になっています。さらに、バンクイックはコンビニATMの利用手数料が無料になっていますが、みずほ銀行は無料での利用が限定されています。コンビニATMの利用の面ではバンクイックの方にお得感があります。

金利はみずほ銀行の方が安いが、総合では三菱東京UFJ銀行がおすすめ!

借入の方法は両行共にATMの利用と預金口座への振込の2種類で変わりはありませんが、約定返済の方法においてバンクイックには口座引き落とし、ATMからの入金、銀行振込の3種類があるのに対し、みずほ銀行は口座引き落とししか受け付けていません。

また、返済期日に関してもバンクイックでは利用者が任意の日を指定できますが、みずほ銀行の場合は毎月10日に限定されています。加えて、バンクイックではATMからの返済を希望する場合は、指定日制の他に35日サイクル制を選択することができます。返済の面においてもバンクイックの方が利用しやすくなっています。

さらに、バンクイックにはテレビ電話という自動契約機から申込むことができますし、銀行ATMからお金を引き出す場合もバンクイックは平日や休日を問わず、21時まで手数料が無料ですが、みずほ銀行のATMは平日の18時以降と休日は有料になります。

ちなみに、みずほ銀行には預金口座用のキャッシュカードにローン機能を付帯させる兼用カードとローンのみの専用カードがあります。バンクイックと似た銀行カードローンに、三井住友銀行カードローンがありますが、三井住友銀行のおまとめローンは積極的に融資しているのに対し、三菱東京UFJ銀行カードローンは、おまとめに消極的ですので、おまとめローンとして申込するなら、三井住友銀行の方がおすすめです。

カードローンはインターネットで完結!

近年はインターネットでできないことはない、と言えるほどインターネットが生活に密着していますが、カードローンも同様にインターネットの環境があれば、申込から返済まですべて完結させることができます。

●申込・契約
インターネットから申し込む方法は業者のホームページにアクセスし、新規申込用ボタンをクリックして申込用フォームを開き、本人や家族、勤務先、借入状況などの必要事項を入力して送信すれば申込手続きは終了です。入力作業自体は15分程度の簡単なものです。

申込用フォームを送信するとすぐに審査が始まりますが、審査が進むと本人確認書類(運転免許証、無い場合は健康保険証かパスポート)の提出の案内メールが入ります。本人確認書類の提出もインターネットで行えるようになっており、スマホやデジカメで撮影した本人確認書類の画像をパソコンからアップロードしたり、スマホアプリからそのまま送信したりすることができます。

30~40分すると審査結果の案内があり、審査に通っていると契約内容の確認メールが届くので、指定されたURLを開いて確認のボタンをクリックすれば契約手続きが完了します。2~3日後に契約書類とローンカードが郵送されてきますが、現在ではローンカードを発行しないカードローンもあります。

●借入
借入は会員専用ページから行います。ホームページには会員専用ページにログインするためのボタンがあるので、それをクリックし、会員番号と暗証番号を入力して自分のページを開きます。会員ページには振込キャッシング用のサイトが用意されており、振込希望額を入力して実行ボタンをクリックすれば借入金が振り込まれます。

インターネットからの借入には締切時間があり、所定の時間(14時から15時)までに申し込むとその日の内に指定した銀行口座に借入金が振り込まれますが、締切時間を過ぎると翌日に回されます。なお、カードローンによっては提携銀行を振込先に指定すると、24時間いつ申し込んでも瞬時に入金されるようになっています。

●取引履歴の確認
過去、借入や返済における取引内容の確認は業者から送られてくる利用明細書でチェックするようになっていましたが、現在は電子媒体での確認が法律で認められたため、利用明細書ではなく会員ページで過去6ケ月間の取引内容を閲覧できます。そのため従来、利用明細書の送付は必須になっていましたが、現在では書面の受取方法を「ホームページで確認」にすると、利用明細書が送られてくることはありません。なお、紙面の取引履歴が必要になった場合は会員ページからダウンロードすることもできます。

●返済
最近では「Pay-easy」というシステムを利用して、返済もインターネットでできるようになっており、借入同様、会員ページから行います。「インターネットから返済」を選択すると、取引状況のリストとともに返済額の入力欄が表示されるので、任意の金額を入力して「確認」ボタンをクリックします。すると、画面が金融機関の選択ページに移るので、返済口座の金融機関を選択して「実行ボタン」をクリックすれば自動的に振込返済が行われます。振込手数料は借入同様、無料です。

上記のことはすべてスマホからもできるので、買い物ついでや旅行先からでも処理ができます。

また、ここ最近は消費者金融の地域サイトが作られていることが多く、その地域のATMや無人契約機を探す場合とても便利です。例えば名古屋にあるプロミスを探したいなら、プロミス名古屋のサイトなら名古屋にあるプロミスの自動契約機が一覧で分かるようになっています。

このようにインターネットで完結できるものは契約だけではなく、あらゆるものがネットで完結できる時代なのです。

収入証明書不要の金額はどこが一番大きいのか?

収入証明書不要で借りられるのは、銀行カードローンがほとんどですが、実際、どこのカードローンが一番収入証明書不要の金額が多いのか分かりますか?

収入証明書不要の金額と言うのは、例えば、オリックス銀行ならば限度額300万円以下は収入証明書不要です。楽天銀行も同様ですが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、限度額100万円以下は不要となっており、110万円を借りようとすれば、原則収入証明書が必要になってきます。

オリックス銀行なら300万円、バンクイックなら100万円など、その金額が一番大きいのは、どこなのか?という意味です。

ちなみに、消費者金融では50万円を超える場合と、他社での借入残高と合わせ、100万円を超える場合は問答無用で収入証明書が必要となってきます。

収入証明書不要金額が最もオリックス銀行!

収入証明書不要の金額が一番大きいのは、オリックス銀行カードローンです。オリックス銀行なら限度額300万円以下は不要となっています。今は、楽天銀行カードローンや、イオン銀行カードローンBIGも300万円以下は収入証明書不要としていますが、これはここ最近のことで、真っ先に300万円まで不要としたのはオリックス銀行なのです。

このことからオリックス銀行では収入証明書不要に対する審査はある程度のノウハウがあると言っても良いでしょう。

収入証明書不要で借りたいならば、オリックス銀行カードローンが1番、2番は楽天銀行カードローンが良いと言えます。

アコムマスターカードは収入証明書不要?

現在の消費者金融業界において常にプロミスとトップ争いを演じているのが「アコム」です。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに加わっているため、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の保証会社にもなっています。

アコムは消費者金融ではありながら、「ACマスターカード」というクレジット機能の付いたカードを発行していることが他の消費者金融には無い特徴になっています。

年会費は無料で、マスターカードとの提携になっているため、国内外を問わず、クレジットの取扱店舗であればどこでも買い物に利用できます。

なお、アコムの発行するカードであるため当然カードローンにも利用でき、クレジットの最高限度額の300万円と足して最大で500万円までキャッシングが利用できます。

ちなみに、カードローンには貸金業法の総量規制が適用されますが、クレジットは割賦販売法によって管理されるため総量規制の対象にはならず、年収における利用制限がありません。

貸金業法ではないことで、収入証明書は不要でも借りれる場合があります。貸金業法では50万円を超える貸付の場合は収入証明が必要となりますが、アコムマスターカードなら割賦販売法の為、法律が違ってくるのです。

その点、銀行カードローンでもイオン銀行カードローン審査では収入証明書は100万円以下は不要となっているので、銀行カードローンの方がメリットが大きいとも言えます。

消費者金融審査の体験談

急な出費に困ったら友人や家族にお金を借りることもできますが、中には家族や友人に秘密でお金を借りたい方もいると思います。

そんな時に便利なのが消費者金融で、担保も保証人も不要なので、誰にも秘密でお金を借りることができるんですね。

また、消費者金融でお金を借りると、職場や自宅に消費者金融の名前で電話が掛かってくるのかドキドキする方も多いと思いますが、そのような場合は、個人名で電話が掛かってくるので安心です。

私も以前、消費者金融でお金を借りたことがありますが、消費者金融でお金を借りると怖いお兄さんから電話が掛かってきたり、取立てにくるイメージがありました。でも、イメージとは違い、優しい感じの女性スタッフから電話があり、その時点でかなり安心できました。

ただ、消費者金融に申込むと審査に不安のある方も多いと思います。私もそうでしたが、今は、ほとんどの消費者金融のサイトで、自動診断サービスが利用できるので、まず、申込む前に利用してみるといいと思います。

この自動診断サービスは、必要なことを入力してすぐに借り入れ可能かどうか結果が出ます。

もちろん、住所や名前は秘密で利用できるので安心です。私も、初めて消費者金融でお金を借りた時はアルバイトで審査に通るか不安でした。

それで自動診断サービスを申込みましたが、借り入れOKだったので、ネットから申込んでみました。

ネットから申込んで20分ぐらいすると確認の電話が掛かってきます。確認の電話は使い道など聞かれ、すぐに終わったと思います。

それから1時間後に審査結果が出たので、申込んで1時間半で対応してくれたことになります。

ただ、審査結果は5万円までで、意外と少ないなって感じました。実は、消費者金融でお金を借りてみようと思ったのは、友達が利用してたからなんです。

パート主婦の友達は、20万円まで借りれるのにそれと比べたら随分少なく感じたんですが、アルバイトで初めての利用なので、5万円までしか審査が通らなかったようです。でも、当時は5万円でも借りれて良かったと思ってます。

消費者金融の審査を通しやすいのを調べるならオリックス銀行カードローン審査の傾向と対策!まとめも解説がおすすめです。

キャッシングのおすすめはどこ?

キャッシングする場合、申込みするのに迷ってしますという声を良く聞きます。確かに今のキャッシング業界は、消費者金融以外にもクレジット会社、信販会社、そして銀行カードローンが参入してきたことで非常に種類も多くなっています。

貸金業法が改正となり、上限金利は20%まで下がった為、利用する側としたら金利が安くなり、市場の競争が激しくなれば、それだけサービス向上になるので良いことなのですが、実際にキャシングを借りようと思い、キャッシングおすすめサイトなどを見ても、良い点しか書いていないので、結局どこに申込みすればいいのか、さっぱりと初心者には分からないことです。

Read More

収入証明書不要で消費者金融は借りれるのか?

収入証明書とは、源泉徴収票や、確定申告書、所得証明などですが、総量規制がある中、消費者金融でも収入証明書不要で借りることができるのか?

消費者金融の金利比較などを見ている人は考えたことがあるかもしれません。

結論から先に言えば、消費者金融でも収入証明書不要で借りられます!

しかし、借りれるのは50万円以下の借入で、尚且つ他の消費者金融での借入と合わせて100万円以下の場合です。

これだけ見れば、かなり規制が厳しいように聞こえますが、実際に消費者金融で新規申込みする人の多くは借入限度額は50万円以下ばかりなのです。

Read More

収入証明不要で借りるカードローンとは?

2010年6月に改正貸金業法は完全施行となりました。数多くの規制強化を盛り込み、数年にかかって段階的に施行されてきましたが、最終段階として、改正貸金業法の柱とも言える上限金利引下げと総量規制が実施されました。

上限金利引下げに関しては昔より徐々に下がってきており、グレーゾーン金利を廃止として利息制限法の金利と同一にすることは、予想していたことですが、総量規制は専業主婦も借りられなくなることから、社会的混乱が起こると考えていましたが、結果的に見れば、特に大きな混乱もなく今に至るといった感じです。

総量規制が実施されたことで、借り手側には自分の年収を証明する必要が出てきました。なぜならば、総量規制は年収3分の1を超える貸付を禁止とした法律の為、年収を調査しなければ、1/3がはっきりと分からないからです。

収入証明不要で借りれるカードローンはあるのか?

消費者金融であれば、貸金業法によって50万円を超える貸付と自社以外の貸金業者との貸付を合わせ100万円を超える場合は収入証明書を取得しなければなりません。

しかし、これは逆に言えば、借入が50万円以下で、他の消費者金融等の貸金業者との借入と合わせ100万円以下だった場合は、収入証明書が不要ということになります。

実際に消費者金融の審査では、全く他の消費者金融から借入が無く、希望額が50万円だった場合、年収は申込み人の自己申告によって計算しています。その為、申込者の申告によって年収は決められているのです。

Read More

Loading...
X